釣った魚を生かすエアーポンプ(ぶくぶく)泳がせ釣りにも☆

CIMG3886logo.jpg

今回は、魚を生かしておくためのエアーポンプ(ぶくぶく)を購入してみましたので、インプレを書いてみようと思います!

ブログ用仕切り線.jpg

みなさんこんにちは☆

グッドハンドフィッシングin北海道!

GHFのRyoHです!!

当ブログ 『 グッドハンドフィッシングin北海道!! 』

は、ブログ村のランキングに参加させて頂いております!

あなたのバナークリックでランキングが上がり、ブログを書く原動力にさせて頂いております☆

ぜひ下の画像をポチッと応援の方よろしくお願い致します☆


コチラをポチッと応援お願い致します☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コチラもポチッと応援お願い致します☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

どちらもポチッと応援ありがとうございます☆

釣った魚を鮮度良く生かしておきたい!

色々な釣りのジャンルがある中で

泳がせ釣りなんかをする方にはまさに必須アイテムになる


エアーポンプ(ぶくぶく)


僕自身は、泳がせ釣りなどはしないんですが

基本子持ちの個体を釣り上げた際は


リリースします


ファイトした後は魚も疲れていて

そのままリリースすると


上手く泳げないで死なせてしまう可能性もあり


元気よく帰ってもらうにはどうしたら良いかなぁと色々と考えた結果


エアーポンプ(ぶくぶく)に行きつきました


前回の釣行


CIMG3936!!!!☆logo.jpg

にて

50cmのビッグママを釣り上げた際に

エアーポンプで蘇生して

CIMG3886.JPG

体力が回復してから海面まで下りてリリースしたんですが

CIMG3985.JPG

CIMG3990.JPG

CIMG3991.JPG

CIMG3992.JPG

CIMG3993.JPG

目が白くなる事もなく

元気に帰ってくれました☆


流れが強い状況だったり

足場が高かったり


そこから海に投げてリリースすると

ダメージもかなり与えてしまうので


元気よく帰ってもらうためには良い方法かなと思います!



よくキャスティングゲームでGTとかの映像を見てると

釣り上げたらすぐ蘇生してからリリースしているのを良く見るんですが

あの感覚で、今後もなるべく元気になってから帰ってもらえるようにしたいと思います!


ブログ用仕切り線.jpg


今回購入したエアーポンプ(ぶくぶく)

ネットでも色々と検索して


かなり評判の良い物を購入してみたんですが

使った感じかなり調子が良いのでオススメしたいと思います☆



CIMG3824.JPG

まずはパッケージの写真を!

CIMG3827.JPG

CIMG3826.JPG

CIMG3828.JPG

CIMG3825.JPG

CIMG3829.JPG

中身を全部出してみるとこんな感じの内容になってます

CIMG3830.JPG

乾電池(単1を2本別売り)を入れて

CIMG3832.JPG

裏のねじを締めて

CIMG3833.JPG

ホースとストンをつなげて

CIMG3834.JPG

本体にホースをつなげばOK!!

※ストンを水に入れてから、本体にホースをつなげるのが正しやり方のようなので、購入したら取扱説明書を読んでから使って下さいね☆

CIMG3836.JPG


どんな感じにエアー(ぶくぶく)が出るのか

写真ではわかりにくいですが一応載せてみます


まずストンを水に入れて

CIMG3837.JPG

本体側にもホースをつなげて

CIMG3838.JPG

スイッチをON!!(スイッチは弱・強2段階です!)


まずは弱

CIMG3839.JPG

弱でも結構エアー(ぶくぶく)は出ています

弱はモノスゴく音が静かな印象でした☆


そして強

CIMG3841.JPG

CIMG3840.JPG

エアー(ぶくぶく)がかなり出て良い感じ♪♪

弱に比べると音は出ますが

気にならない位の静かな音でした(コレは個人的な主観なので参考程度に)


ストンだけアップで見るとこんな感じ

CIMG3842.JPG


本体の裏側に、つり金具を取り付けて

CIMG3831.JPG

バッカンなどに取り付ける事が出来るんですが


付属のビスで取り付けるだけなので


つり金具付属の物じゃなくても

自分が使っているバッカンなどに合う物をホームセンターなどで買ってきて

変えてあげるのもいいかもしれません!


僕が使っているクーラーには

つり金具がキレイに付く箇所がなかったので


家に合ったリングを通して(サビサビ(^^;笑)

それに引っ掛けて使う事にしました!

CIMG3843.JPG

CIMG3844.JPG


かなり長時間の釣行だったり

生き餌として長く持たせたいという方

生かしておく魚の量が多い方などは


エアーポンプを2個使用している方が結構いるようです☆


今回の釣行では

クロソイはエアーポンプ1つでしたが

めちゃくちゃ元気に帰っていってくれたので

魚の数が少ない場合は1つで十分かな!!

と感じました☆


生かしておくバッカンのサイズだったり

海水の状況だったり、天候での水温の状況だったりでも

かなり魚の生き具合は変わるかと思いますので


ご自身のフィッシングスタイルに合わせて

使い分けてみて下さい☆


口コミを見ても

1度購入するとかなり壊れずにずっと使える!!


と書いている方も多いので

安心して使用する事が出来そうですね☆

オススメです☆


過去の記事で紹介した


CIMG2595☆.jpg

こちらのクーラーバック

かなり使いやすくてオススメです☆




今回は、持っていて損の無いエアーポンプ(ぶくぶく)のインプレでした☆

グッドハンドフィッシングFacebookページが誕生しました!!

このブログでは書かない内容だったりも今後書いていきたいと思ってます!

ぜひ 【 いいね! フォロー 】 お願いします☆

Facebookをやっていない方でもご覧になる事は可能です!

トップ画.jpg



グッドハンドフィッシングブログ専用

インスタグラム版グッドハンドフィッシングページが誕生しております☆

ぜひフォローの方お願いします☆

GOOD HANDFISHINGインスタ用.jpg

こちらのブログを書かせて頂いております

釣りバカが真面目にやっている自身のお店


ぜひよろしくお願い致します☆

大型店舗より安く・丁寧な施術で

あなたの身体をスッキリさせます☆

fefwfaf.jpg


グッドハンドfacebookページはこちらの写真から☆

フェイスブックをやっていない方でもご覧になれます☆

eeeeeefacebook.jpg

"釣った魚を生かすエアーポンプ(ぶくぶく)泳がせ釣りにも☆"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]