ココ診てもらった事ありますか!?『 腰痛 』編

腰が痛いイラスト(原型スパイダーマン).jpg

みなさんこんにちは☆
グッドハンドフィッシングin北海道!
GHFのRyoHです!!

札幌は手稲の隠れた場所にあるお店GOOD HANDのオーナーをしております!

お身体の不調は是非GOOD HANDへ☆


昨日の首のツラさの記事に引き続き

IMG_0618.JPG


今回は、皆さんお困りの


『 腰痛 』

について書いてみたいと思います!


今回も釣りには直接関係はありませんが

釣りをする方は腰痛になりやすいので


暇つぶしに読んでみて下さいね!


まず、みなさんは腰が痛いとなった場合どうするでしょうか!?

①とりあえず様子を見る

②病院・整形に行く

③治療院に行く

④マッサージに行く


このどれかが主なパターンではないかと思います!

どれも正解であり、間違いでもあったりするので

自分に合った対応が必要になってきますが


先日首の記事でも書きましたが

病院・整形に行くと

まずはレントゲン・MRIです

画像初診で骨や椎間板付近をチェックし

異常があれば

大体がヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症、分離症と言われるでしょう

その後

リハビリを進められるか(筋トレとかけん引とか)

コルセットを出されるか

湿布を出されるか

注射を進められるか


的な流れがほとんど


ただ、有名なヘルニア

椎間板が飛び出てしまっている方でも

腰に痛みが出ていない方も腐るほどいますし

ヘルニアじゃなくてもヘルニアと診断する医師もいると普通にききます


ヘルニアと言われたからと言って

足のしびれがヘルニアから来ているとは限りません


一般的に良く聞く

座骨神経痛や

外側大腿皮神経痛

仙腸関節症候群

などなど

ヘルニア以外でしびれがでるものは数多くあります

腰が痛いし痺れてる=ヘルニアではないわけです



ちょいと流れがそれましたが

今回は

整形などには行かなくても大丈夫そうだけど、腰は痛いんだよな~とか

病院・整形などに行っても問題ないですね!!

と言われたにも関わらず、痛みがある!!という方に向けて!


そもそも、問題があるから来てるんじゃろがい!!!!

って話しになりますよね(;・∀・)


でも病院側で診てくれるのは骨関節系・神経のみを基本診るわけで

残りの85%の腰痛は原因不明です、わかりませんというのが西洋医学なわけで

結局の所


日々の負担からきている筋筋膜の影響は違う所で診てもらってね♡

っちゅーわけです


で!!

ココからが本題!


病院で診てくれないから結局みなさん


治療院、マッサージに通うわけですよね


そこからが肝心なわけです!


治療院に行き、腰が痛いですと言うと

おおまかな流れとしては電気を10分程、腰のマッサージを10分程

主に1,2箇所の施術で終了という流れが多いようです


マッサージに行き、腰が痛いです!!と言うと

あぁ腰めっちゃ張ってますね!しっかり腰の筋肉をほぐしていきましょう!

あるいは、お尻、足周りからも影響があるんで、そちらもほぐしていきましょう!


という感じになる事が多いわけです


それでも


揉まれた時は効くしスッキリした感じがあるけど

結局あまり変化がないんだよな(~_~;)


という方


今回は、そんな方々に朗報重要な筋肉のご紹介!

今回も僕の雑な手書きの図で見ていきましょう!

IMG_0619.JPG

その名も【 大腰筋(だいようきん) 】

大きい腰の筋肉と書くこの大腰筋

胸椎12、腰椎1~4からはじまり大腿骨小転子(足の骨の内側の部分)に停止している筋肉です


腸骨筋と大腰筋合わせて、腸腰筋と呼ばれたりする筋肉の1つです!


使う動作としては

・股関節の屈曲(膝を持ちあげる動作)

・股関節の外旋(外側に開くような動作)

・脊椎の屈曲(背中を前かがみにするような動作)

・脊椎の側方屈曲(背中を横に倒していくような動作)


などなど

日常の動作や姿勢を保持するための筋肉として、欠かせない筋肉なわけですが


特にやられやすいのが

座りっぱなしの仕事をしている方!!

写真の一番右側が座っている時の図なんですが

座りっぱなしだとこの『 大腰筋 』

常に縮っぱなし(ちぢみっぱなし)な状態になります。


伸びる事無く縮まった状態でひたすら

・パソコンをカタカタ...

・長時間の運転...

・座りっぱなしで釣りをしている...

・前かがみの姿勢での作業などなどなどなど


縮みっぱなしになってしまっているこの筋肉は

縮む時間が長ければ長いほど伸びる方向に行きにくくなるわけです


結果


縮こまって固まった状態から、いきなり立った時などに

ビーン...(´-∀-`;)


となったりするわけなんですね(~_~;)

ぎっくり腰なんかにも非常に影響を与える筋肉なわけです


皆さん、中腰姿勢で重い物なんかを持ったりして

さぁ起き上がろうと背中を伸ばしたら、


アレ(;・∀・)背中メッチャ伸びにくいな...

ってなった事、一度は経験があるかと思います。


この大腰筋は

胸椎、腰椎にくっついているわけですから

当然コレが影響して痛みとして出てくるのは

腰にドドンと出てくるわけです!!


骨盤周りの違和感だったり、お腹の奥の違和感だったり

様々なエリアに障害をきたします


大腰筋が縮こまる事で腰椎を引っ張り骨盤が前傾して反り腰になったり

ぽっこりお腹になったり:(;゙゚''ω゚''):


悪循環のスパイラルを生みだすわけです!!


下っ腹が気になっている方なんかは

この筋肉を伸ばしてあげるだけでウエストに変化がでる方もいらっしゃいます!

特に女性にはオススメですね(^^)☆


この筋肉が縮こまっていると身体のパフォーマンスが非常に制限されてくるので

スポーツをしている方の調子を上げてあげるのにも非常に有効です!



これだけ聞いても、大腰筋の重要性はわかるかと思うんですが


座りっぱなしの仕事、私生活を送っているにも関わらず

腰が痛いあなた!!


整形・治療院・マッサージに通って


ココを診てもらった事、ありますか!?


腰痛の原因が100%ココからくるわけではないので

診る必要が無い方ももちろんいらっしゃいますが


確実に視野に入れなくてはならない重要な筋肉です!


腰が痛いからと腰を診ても、変わらない人の方が多いのが現状です。


この大腰筋


触診はお腹側からのアプローチになり

筋肉が重なりあっている深部にあるため


触診は素人では難しいですし

筋硬結(一般的に言うコリ)が出来るポイントをしっかりととらえる事も非常に重要です!!


プラス、硬結部だけを押圧してもスッとは抜けにくいため

筋膜のつながりなどを利用して緩める事も必要になってきます

内蔵も関係してきたりしますし、人によって緩むポイントが異なるので

あなたに合った緩め方が必要になってきます


もしあなたが

・座り仕事が多い

・車の移動が多い

・ずっと座って釣りしている(サビキ釣りなど)

・前かがみの作業が多い

そんな日常を過ごしている方で、マッサージなどに通っている方でしたら

一度、いつも行かれるお店の施術家の方に

腰が気になるんで1度大腰筋診てもらっていいですか?


と聞いてみて下さい!


(。´・ω・)ん?


ってなったら、腰の事は全然詳しく無い方だと思って下さい


ちなみに僕自身、小さい頃からの過度なスポーツのし過ぎで

大腰筋はゴチゴチ

勉強を含め何十店舗とお店に通っていましたが

大腰筋を診てくれたのはその中でも1店舗だけでした。

ちなみにそのお店の価格は15分程度で7000円程。。。


診てくれる所が無かったので、2回ほど行った記憶がありますが

触診の位置も中々に曖昧(~_~;)まじかよって感じでした。

値段に不釣り合いな触診だったのでやめました


日常の負担の掛かり方の違いで

腰痛は腰痛でも


この大腰筋が主な原因になっている方もいれば

テニスなどでひねる動作が多くて、大腿筋膜張筋が張り過ぎている方だったり

指先の使いすぎで小指、母指からきている人だったり

一般的にメジャーなお尻周りから来ていたり

仙腸関節の影響だったり


人それぞれパターンは様々です!


しっかりと診て行くには、当然

診てもらう側の協力的な気持ちもモノスゴく重要です!


お店に行って、腰が痛いんで腰揉んでください。


だけだと、腰揉むだけでいいんですか!?じゃぁ...

と仕方なく腰を揉まざるを得ない状況にもなってきます。


お店に行かれた際は、出来るだけ詳しく

出来るだけ情熱的に

あなたの腰を良くしたいという気持ちを伝えましょう!


それに対して、しっかり診てくれないお店が万一あった場合は

違う所で診てもらいましょう!


今回は、腰痛には欠かせない筋肉『 大腰筋 』についてでした!


座り仕事

運転

釣り

前傾姿勢での作業


色々なお仕事がありますが、この動作に関わらない方ってかなり少ないかと思います!

腰痛が気になる方は、一度はぜひ診てもらってみて下さいね☆

この記事へのコメント