身体が辛い時はどこに行けば良いの?首編

みなさんこんにちは☆
グッドハンドフィッシングin北海道!
GHFのRyoHです!!


久しくブログを書けていませんでした


まず11月に入り初めの方に荒れ放題の中デカソイ狙いでグッドサイズのクロソイをキャッチ出来たものの

クロソイ48cm.jpg

1匹キャッチして写真を撮っていると風が強すぎて三脚が倒れてカメラが壊れすぐに帰宅。。。


その後は週一の休みは全て荒れたり風が強すぎたりで釣りは出来ず


11月はほぼほぼ釣りが出来ないまま終わりを迎えました。


挙句の果てには11月も終わろうとしていた頃に


左右も何も見ずに突っ込んで来た車にぶつけられ、ムチ打ち^_^;


本来は11月にヒラメ狙いに行って良い形で終わりを迎えたかったんですが釣りすら行けず撃沈


散々な11月も終わり、12月へと突入!


皆さんはいかがお過ごしでしょうか♪


11月はほぼ釣りにも行けず釣行内容を書く事が出来ないので


事故られたグチも含めて


身体に関する内容を書いてみたいと思います!


釣りの話しではありませんが、釣りに関係はしてくる話しなので


暇つぶし程度に見て下さい☆


今回のテーマ


ドドン!!


【 身体がツラい時はどこに行けば良いの?首編 】


です


考え方は釣りもそうですが人それぞれなので、あくまで僕個人の考え方や

周りの方のお話しを聞いた中での内容をひたすら書いてみたいと思います。


ツラさにもいっぱいありますが

ケガをして首を痛めたとか

そういう類ではなく


一般的な、日常生活の中での負担からくる『 首のツラさ 』について


何かで痛めたとかではないけど

日々のデスクワーク

ハードワーク

釣り

などで

首がツラい、凝る感じがする(~_~;)

異常が無いか心配だから整形に行こう!!


という流れが多いこの世の中


整形に行くと


まずレントゲン撮りましょう!と言われ


レントゲン撮る


画像をチェック


骨、関節異常なし!!


湿布と飲み薬出すんで1週間様子見て下さい


終了


この流れ、めちゃくちゃ多いですよね。

今回事故られて僕も整形に掛りましたが

この流れでした。先生にもよりますが、今まで経験した中では

大丈夫ですか!?と心配すらしてくれた先生はほぼいません(~_~;)

皆さん機械的な対応。。。

悲しい世の中です(´;ω;`)


実際、僕のお店に来るお客さまのほぼ100%が

整形に行ったけど骨に異常はないと言われたんです...結局湿布・薬だけ出されて帰ってきたと...


僕らが首がツラいと言って整形に行くと

診てくれるのは骨、関節


問診でしびれはありますかと聞かれる程度

しびれがなければ神経は大丈夫ですね!


それでおしまいがほとんどなわけです。

全てじゃないにしろ、こう言われたと言われる方があり得ない位多い。


結果、骨、関節からの影響でツラさが出ているわけではなく


日々、日常からくる筋疲労などにより


筋肉が影響してツラさが出てきているという事


筋肉はみないよ~というのが病院なわけですね


首がツラい、痛い


筋肉が影響しているなら、張っている筋肉をほぐせばいいんだ!!


ココで皆さん想像するのが、マッサージ!


ただ、このマッサージにも大きな落とし穴が存在するわけです


その中でも特に


重要な血管や神経が入り混じっている箇所なのは皆さん知っての通りで

直接揉む事で逆に痛みが増悪したり、しびれがでてしまう事もあります


強く揉むなんて本来は絶対にNG!!


凝っている箇所を押して


効くぅ~!!!!


を体感してリフレッシュするのが一般的な揉みほぐしといわれる施術


大型店もいっぱいありますが

目的はあくまで

揉みほぐして気持ち良くなってもらえばそれでOK!


凝っている箇所を直接押して


効くぅ~!!気持ちいいぃ~!!


を体感してもらう事です。


揉んだ所はほぐれて感覚的にもスッキリ!!

となるわけですが


そもそも首の筋肉って

違う箇所からの影響で張ってしまっているという事がめちゃくちゃ多い!


首だけ揉んでほぐしても

違う箇所からの影響が無くならない限り完全にほぐれる事はないわけです。


つまりは


凝っている、張っている箇所を揉んでもらって

効く!気持ちいい!


体感したいだけなら普通に辛い箇所だけを揉めば良いわけです。



ただ

ツラいのを根本解消したいと思っているのであれば


辛い箇所だけを揉んで効く~!だけではアカン!!


という事!


ツラいとこだけを揉むというのは

ツラさが根本抜けるというのは違ってきます。


ここで重要なのが


筋筋膜のつながりです


ココで僕の雑な手書きの図を参考に

IMG_0618.JPG

赤い〇で囲んだ部分

結構皆さんが、首ツラい肩ツラいという時に

どこがツラいんですか!?と聞くと

ココ!!

っていう部分の代表格!


まだまだからんでくる筋肉はいっぱいありますが

代表的な筋肉として

・僧帽筋(今回は上部繊維の部分)

・肩甲挙筋


があります。

肩こりのトップ2とも言われる代表的な筋肉ですが


この2つの筋肉

ツラい部分だけを揉んでも


ほぐれるまでには結構時間が掛かります(ただ揉んでも中々ほぐれません)


そこだけをほぐしたとしても、結構元に戻ります。


なんで?!


となるわけですが


左下にある、回旋筋腱板の一つ小円筋


この筋肉が筋膜のつながりを介して

僧帽筋上部

肩甲挙筋

の筋肉に緊張を作っているわけです。これだけではないですが!


なのでこの

筋筋膜のつながりで影響を与えている

今回は、小円筋にフォーカスしましたが


コレをとらえつつ

僧帽筋上部

肩甲挙筋

を同時に緩めて行かなくては中々にほぐれない


という事なんですね


ツラい所を揉まれると、効く感じがするし、終わるとスッキリした感じがするし

コレを続ければツラさがとれるだろう!!!

と思ってしまいがちですが


ツラい箇所だけでは中々とりきれないんですよね残念ながら(-_-;)


こういうつながりとかを使って効率的に

本来のツラさが出ている原因箇所を緩める事で


ツラさが抜けていってくれるキッカケを作れます!


あくまでキッカケです!


施術師は

経験、知識、技術などをふんだんに使って

原因となる筋肉をほぐしていき

『 キッカケ 』を作る

良い方向に進むお手伝いをさせて頂くお仕事であり


最終的にツラさが抜けるかどうかは、ご自身次第という事です。


数年かけて作られたあなたのコリ

1日の施術で元に戻ると思いますか?


筋肉は記憶するので、悪い状態をキープすればするだけ

悪い状態を形状記憶していきます


それが数年かけて記憶した悪い記憶であれば


最高の施術をほどこしても

1日で良い記憶がつきますか?


我慢すればするだけ

良い状態には戻りにくくなり

良い状態をキープするためにはそれなりの時間が必要になります


我慢はアカンです



まとめると

・ツラさが筋肉の影響から来ているのであれば病院に行っても診てもらえない

・揉みほぐすにも、辛い箇所をただ揉むだけでは効く!けど解消するわけではない。

・筋膜のつながりなどの知識の上で施術してもらう事が重要。

・我慢すればするほど良い状態には戻りにくくなる

・自分のペースに合わせて良い状態をキープしていく事が重要

・治してもらうと思っていては治らない


ざっくりこんな感じです。

結果的に


どこに行けば良いの?という所に戻るわけですが


上記の内容を暇つぶしに読んでしまったがゆえに

ツラい部分だけ揉んでもダメなんか!

知識と技術次第でほぐれない筋肉もほぐれるんか!

ツラいとこ揉んでもらっても良くならんのはそういうことなんか!

釣りの話しでもしながらケアしてもらおか!


って残念ながら思ってしまった方は


グッドハンドにお越し下さい☆


これからは寒くなってきて

釣りに行く回数も減ってしまうので


ご自身のお身体、大事にする時間も必要ですよ☆


まぁ何が最終的に言いたいかというと













首いてぇ"ッ!!


この記事へのコメント