ビーチウォーカーハウルを爆釣チューン!ヒラメが釣れる!

CIMG5404!!サムネs.jpg

ヒラメ狙いに大人気のアイテム『 ビーチウォーカー ハウル 』!!非常に釣れるアイテムなのですが、さらに使いやすくチューニングする事で手返し良くなり、より効率よくヒラメが釣れるように!!

あなたもぜひ、爆釣チューンに挑戦してみて下さい☆
ブログ用仕切り線.jpg

みなさんこんにちは☆

グッドハンドフィッシングin北海道!

GHFのRyoHです!!

当ブログ 『 グッドハンドフィッシングin北海道!! 』

は、ブログ村のランキングに参加させて頂いております!

あなたのバナークリックでランキングが上がり、ブログを書く原動力にさせて頂いております☆

ぜひ下の画像をポチッと応援の方よろしくお願い致します☆


コチラをポチッと応援お願い致します☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コチラもポチッと応援お願い致します☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

どちらもポチッと応援ありがとうございます☆

ルアーでヒラメを狙った事がある方なら

ほぼほぼ100%知っているであろう!!

という位有名なルアー


『 DUO ビーチウォーカー ハウル 』


ヒラメがかなり釣れる有名なルアーで

僕自身、先シーズンからかなりお世話になっています☆

CIMG4533.JPG

CIMG5395.JPG

ハウルで青物も釣る事が出来ました☆


非常に使いやすく、釣れるルアーなのですが


使用していると、ココがもっとこうの方が良いな!!みたいな

自分なりにこうだったらもっと良いのにッ!!

というのが出てきますよね!


ハウルを使う中で皆さん共通して思う事があるかと思います


それは


手返しがもっと良くなれば良いのに(;´・ω・)

という事


一度スプリットリングでトレブルフックを外してからでないと

CIMG5385.JPG

ワームチェンジが出来ないんですね!


交換がメンドクサイから

何色も持っておけば良いかと

お金に余裕がある方であれば問題ないかもですが


ランガンするとなると

やはり荷物は少なめにしたいというのもあり


一つハウルのヘッドに対して

ワームカラー何色か用意しておいて付け替えて使う!!


というのが一般的かと思います


となるとやはり

ワームのカラーをチェンジしたい!


となった場合は、スプリットリングで本体からトレブルフックを外してワームを交換して

またスプリットリングでトレブルフックを本体に接続...

という流れで


結構手返しが悪い(-_-;)

その日その日でヒットカラーも変わりますし

手返しよくカラーチェンジしていく事で

取れるヒラメがいます!!


という事は当然

手返しが悪い
取れるヒラメ取れなくなる事も多いにあり得るわけです


より手返しよくヒラメを釣るためには
チューニングするしかありません☆

その方法を紹介してみたいと思います☆

まずはハウルを用意!

通常はこの状態です

CIMG5385.JPG

CIMG5386.JPG

まずはハウルヘッド側からニョキっと出ているプレート部分

カットしたい部分に線を引きます!

CIMG5387.JPG

このカットの位置の仕方で

ハウルのテールが振れる大きさが変わってきますので

波動をデカくしてアピール重視にしたい!という方はガッチリカット

チューニングする前と同じ波動の動きにしたい!という方は、ワームから飛び出る部分だけをカット!

今回は、通常のハウルの動きそのままに使用するために

ワームから飛び出る部分だけをカットしました!!


このハウルヘッドからニョキっと出ているプレート

かなり頑丈なんです!!

去年青物を釣った際も

CIMG5395.JPG

全く曲がったりもなく、かなり強い素材のため

ペンチパチン!!

簡単に切れる物ではありません^^;


なので、プレートをカットするために

サンダーを使用します!!

CIMG5388.JPG

このサンダーで、先ほどラインを付けた部分をギュイーンとカット!!

こんな感じになります!

CIMG5389.JPG

この状態でまずハウルのワームを刺しこんでみると

こんな感じ!!

CIMG5391.JPG

持っているハウルも一気にギュイーンと

CIMG5395.JPG

CIMG5396.JPG

こんな感じになります!

CIMG5397.JPG

素材が硬く、カットするのが大変ですが(サンダーがあれば一瞬)


カットさえ終われば後はアシストフックを接続すれば

CIMG5400.JPG

あっという間に完成です!!

CIMG5401.JPG

CIMG5402.JPG

CIMG5403.JPG

完成☆

CIMG5404s.jpg

アシストフックの作成方法は

過去に何度か紹介してますので

作り方がわからない方はそちらを参考にして下さい☆


サムネ用画像.jpg

この爆釣チューンにより

CIMG5399.JPG

CIMG5398.JPG

一つのヘッド

ワームカラー手返しよく替えて

効率よくヒラメを釣る事が可能になります!!


それプラス


既存のワーム以外にも

他のワームも接続が非常にしやすくなり


ヒラメの釣れるワームで有名な

バディーワークスのフラッグシャッドだったり

CIMG5406.JPG


サワムラのワンナップシャッドだったり

CIMG5407.JPG


ハウルの幅が今までより

より一層広がります!!


使用した感じ

ワームのテール側にトレブルフックの1本を刺しこんで固定する事で

ワームボディーにフックポイントが近づくため


よりフッキング率もアップしていると僕的にかなり実感してます!!

バイトが出てもフッキングが上手く出来ずバラしちゃう事が多い...

という方にもかなりオススメなチューニングかと思います!


去年から、釣れない時期も

ヒラメの事ばっかり考えていた僕なので


まぁ結構使い勝手が良いチューニングだと思います!


ぜひヒラメ狙いを始めたい方

参考にして頂き、1枚でも多くヒラメをキャッチしてください☆


ブログ用仕切り線.jpg

ハウルに対抗して

DAIWAがヒラメ用のアイテムを出してきましたね!!

【 DAIWA フラットジャンキー ロデム 4インチ 】



コレもかなり釣れそうですね...

コチラはハウルに対抗すべく!?

テール側のトレブルフックを外さなくてもワームをチェンジ出来る仕様に最初からなっています...


どんどんメーカーさん同士競い合って

良い物をさらに良い物にしていってもらいたいですね☆


グッドハンドフィッシングFacebookページが誕生しました!!

このブログでは書かない内容だったりも今後書いていきたいと思ってます!

ぜひ 【 いいね! フォロー 】 お願いします☆

Facebookをやっていない方でもご覧になる事は可能です!

トップ画.jpg



グッドハンドフィッシングブログ専用

インスタグラム版グッドハンドフィッシングページが誕生しております☆

ぜひフォローの方お願いします☆

GOOD HANDFISHINGインスタ用.jpg

こちらのブログを書かせて頂いております

釣りバカが真面目にやっている自身のお店


ぜひよろしくお願い致します☆

大型店舗より安く・丁寧な施術で

あなたの身体をスッキリさせます☆

fefwfaf.jpg


グッドハンドfacebookページはこちらの写真から☆

フェイスブックをやっていない方でもご覧になれます☆

eeeeeefacebook.jpg

この記事へのコメント