根掛かり対策!激安で手軽に出来るオススメチューン☆ロックフィッシング編

こんにちわ☆


グッドハンドフィッシングRyoHです!!


本日も皆さまの応援よろしくお願い致します☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




本日は


釣り人の宿敵!!


根掛かり!!


その根掛かり対策!のご紹介です☆


ロックフィッシングをする中で

ほとんどの方が1度は使うリグ


"テキサスリグ"

CIMG3261.JPG

CIMG3259.JPG


ラインにシンカーを通し、お好みでビーズやクッションゴムなどを通して、オフセットフックを結ぶシンプルなリグなんですが


根掛かりしにくいリグ!!と良く聞きます!!


しかし!!


テキサスリグでも普通に根掛かりします(^◇^)


テキサスリグの良い所の一つとして


魚がワームを吸い込む時にシンカーの重さを感じさせにくい所!!

シンカーが遊動式で動くため、ワームがフリーになり

ちょっとの吸い込みで魚の口に入るというのが、魚の活性が低い時などにも効いてくれます☆


なんですが!!


それが原因で根掛かる事が結構あるわけであります('◇')ゞ


ワームよりも早くシンカーが沈むため、シンカーだけが根の奥に落ち込んで行ったり

CIMG3274.JPG

ワームとシンカーが、違う箇所に落ち込んだり

CIMG3275.JPG


ワームがある程度フリーになり、ナチュラルな動きが出せ

食った時の違和感も与えにくい分


こういったトラブルも海底では結構起こってたりしますよね!!


なので!!


このテキサスリグの良い所をあえて抑制します!!


使うアイテムは、皆さん一度は絶対に見た事がある!?


コレです☆

デンッ!!



CIMG3277.JPG

つ~まよぉじ~!!

イラッとしますね、すいません(*´ω`*)


コイツをまずシンカーの穴に差し込んで

20160412011354.jpgグッとしっかし刺しこみます!!

20160412011339.jpg

グッと刺しこんでから一度抜くと!!

シンカーの痕が付きますので

CIMG3282.JPG

そこを目印に、ハサミなどでカット!!

CIMG3284.JPG

CIMG3285.JPG

カットしたつまようじの先っちょをシンカーに刺します!

CIMG3286.JPG

CIMG3288.JPG


たったこれだけで完了です☆


こうする事で、シンカーとワームが一体化するので

シンカーとワームが一体化して落下していきます!

20160412011347.jpg

一体化するので、シンカーとワームが一緒に

根の奥に入っていきます!!

CIMG3297.JPG

根の奥の奥を探りたい時なんかにもいいですよね☆

CIMG3293.JPG


市販で、シンカーを止めるゴムなども専用で売っているので、そちらを購入しても良いですし


お金をなるべくかけずにやりたい!という方にはオススメなチューンです☆


※ただ


使っているのがつまようじなので、使っている最中にシンカーがズレる事があります!!


完全にズレないようにしたい!!


という方は、つまようじの所に瞬間接着剤を適量垂らしてあげるといいかと思います!!


また、これはあくまで完全に根掛かりしなくなる仕掛けではもちろんないですし


これにしたから奥の奥にいる魚が釣れる!という物でも当然ないので


その場その場での状況に合わせて、こういった仕掛けを使ってみるのもいいかもしれません☆


あと、PEで直にフックを結んでやっている方だと、つまようじを刺しこむ事で

根ズレが起きてラインブレイクの可能性が高まったりもしますので

PEを使う方は


リーダーは必須です☆



これからロックフィッシングを始めたい方や

根掛かりで苦戦している方などなど


少しでも参考にして頂けたら嬉しいです☆


本日も、最後まで読んで頂きありがとうございました☆



グッドハンドフィッシングブログ専用

インスタグラム版グッドハンドフィッシングページが誕生しております☆

下のロゴをクリックしますとインスタページに瞬間移動しますので、そちらのページにある

+フォローするというボタンをポチッと押してくださいね☆

GOOD HANDFISHINGインスタ用.jpg


こちらのブログを書かせて頂いております

わたくしRyoHayashi

真面目にやらせて頂いております自身のお店


ぜひよろしくお願い致します☆

写真をクリックするとホームページに瞬間移動☆

カフェスペース.jpg

グッドハンドfacebookページはこちらの写真から☆

採用ちょいアップ.png

終わり☆

























この記事へのコメント