渋い状況で釣れる!ライトリグの重要性!!

こんにちわ☆


グッドハンドフィッシングRyoHです!!


本日も、応援よろしくお願い致します☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





にほんブログ村を初めて約1年半


先輩に連れていってもらってスタートしたロックフィッシング!!


スタート時点で使っていたワームサイズは3インチから4、5インチサイズでした!


スタートの時点でこのサイズを使って始めたので

ロックフィッシングはこのサイズでやるのが普通なんだと当初は認識しておりました(*´ω`*)


自分なりに色々と調べたり

釣具屋さんに行ってはワームをひたすら眺める日々


ショップに行くと、色々なワームが置いてあり

誰もが釣れる!と言う評判ワームだったり、マイナーなワームだったり


色々なワームがある中で

釣りを始めたばかりの頃は、大抵が、一度釣れたワームだったり

釣れたワームと同じメーカーのワームを買うんじゃないかと思います!


わたくしRyoH

最初におすすめしてもらって買ったワームと同じブランドをしばらく使っていました☆


しかし、最初の方は行っても行っても中々釣れない事も多く

ただただ根掛かりをして、ワームとリグだけをロストする日々...


そして、その都度リーダーは持っていかれ、夜中の海で一人

慣れない手つきでリーダーを結ぶ


これがまた最初は心が折れるんですよね(+o+)


今までは割と一人で黙々と海に繰り出していたわたくしRyoH


最近、このブログをきっかけに、一緒に釣りに行ってくれるステキな方が☆


その方と、色々とお話しをしたり一緒に釣りに行ってみて


より最近感じた事があります!!


それが


ライトリグの重要性!!


CIMG2727.JPG


今まで、釣具屋さんでも小さ目のワームは腐るほど見てきたものの

何か

デカいワームで釣ってやりたい!!

という気持ちが強く


3インチ以下のワームはずっと使わずにやってきました!


そんな中でも、毎週毎週海に繰り出して自分なりに釣り方を学んで

それなりに釣れるようになり


小さいサイズから大きいサイズまで釣れるようにはなってきました!!



ただ


今、釣りを始めた当初からの釣りの状況を思い返してみると

結構釣れなくて悩んだ時期が結構ありました!!

その当時は


時期が悪いんだ。

ココのポイントが悪いんだ。


そういって釣れない理由を付けていた事もありました


当然、釣りにくい時期やポイントで釣果が変わりはしますが


釣る人はどんな環境でも釣るわけなんです!!


僕が知り合った方は、ほんの1、2時間で渋い状況の中でもしっかりと釣果を上げていました☆


その方は、北海道の至る所でロックフィッシングを経験していて

行くとこ行くとこで違う

その場所・その時に合った釣りを展開してしっかりと釣果につなげていく!!


色々な経験のもとから、一つのやり方だけでは通用しない場所が多々あると

どんな状況でも対応するために

自分が出せる釣り方のふり幅は広い方が良い!!

という経験から、釣れなくても色々と試して試して今までやってきた方で


その色々と試してきた結果が、今の


どんな状況でも魚を引き出すふり幅の多さにつながっているんだなと感じました☆


その方が行き付いているところがやはり


ライトリグでした!!

最初から今も、大物を釣りたい!!という気持ちは変わらないんですが


スタート当初は、大物は大きいワームの方が釣れる!!と思っていた時もありました


当然、ワームサイズを上げる事で、ある程度の小さい魚をはじいて


大物だけに絞って釣る事も出来ますが


大きいワーム=大物が釣れるではないなと!


小さいワームでも大物は釣れる!という事を最近より考えさせられております!


特に渋い環境の中でも魚をしっかりと引き出すには


ライトリグは欠かせない要素だなと非常に強く思うようになってきました!


今まで釣ってきた40UPは全てサイズの大きいワームで釣ってきたわけですが


渋い環境で口を使わせるためのふり幅として


ライトリグ、小さ目のワームや軽めのリグで釣れるやり方も学ばなければならぬ(; ・`д・´)b


そう感じております!!


5インチクラスのワームでも

20いかない位のソイでも食ってくる事は全然あるので

活性が高い時はどうとでもなる場合はありますが


やはり渋い環境やスレている環境下でも


しっかりと魚を引き出せる釣りもよりこれから磨きをかけていきたいなと


切実に思っている今日(こんにち)であります(*´ω`*)


室蘭でグッドサイズが釣れた☆ガヤも爆釣!

でガヤを数釣りした時にも、かなりワームのサイズだけで相当な反応の違いを感じられました!

また、リグの軽さでフォールスピードとリトリーブスピードが違うだけでも

相当な違いがでたので


今年はライトな釣りもしっかりと経験して

今まではじいていた魚もしっかりとフッキングまでもっていけるように


日々試しながら、釣りを楽しんでいこうと思います☆


近々、ニューアイテムを購入しようかと思っておりますので


購入した際は、実釣も含めてご報告できればと思います☆




グッドハンドフィッシングブログ専用

インスタグラム版グッドハンドフィッシングページが誕生しております☆

下のロゴをクリックしますとインスタページに瞬間移動しますので、そちらのページにある

+フォローするというボタンをポチッと押してくださいね☆

GOOD HANDFISHINGインスタ用.jpg


こちらのブログを書かせて頂いております

わたくしRyoHayashi

真面目にやらせて頂いております自身のお店


ぜひよろしくお願い致します☆

写真をクリックするとホームページに瞬間移動☆

カフェスペース.jpg

グッドハンドfacebookページはこちらの写真から☆

採用ちょいアップ.png

終わり☆







この記事へのコメント

  • ほていどん

    ほていどんもライトリグは結構使いますよ
    渋い状況の時はワームサイズを小さくするのも効果ありますがシンカーを軽くしていくとかなり魚の反応が良くなったりします
    場合によってはノーシンカーでの釣りもします
    1人で釣りに行くよりも誰かと一緒に行っていろいろな釣り方の引き出しを増やす事が釣果につながりますよね
    そう言うほていどんもまだまだ日々精進です(笑)
    2016年04月03日 07:03
  • RyoHayashi

    ほてさん
    お久しぶりです☆
    ほてさんもライトリグ結構使うんですね!!
    僕も今まで何度か使おう使おうと思いつつも、お金がなくてライトロッド買えて無かったので、ハードスペックのロッドで無理に使うとどうしても感度も悪くなるし飛ばせないしで、何やってるかわからなくなっちゃうので結局ハードな釣りになってました(*´ω`*)笑
    でもやっぱり使いたい!と思って、近々ライトロッド買おうかと思ってます☆ノーシンカー釣れるんですよね~(^O^)/
    最近特にそれ思います!色々な人のやり方見る事でホント自分の引き出しが増えますよね☆色々な出会いに感謝です☆
    いずれほてさんの釣りも教えて下さい(∩´∀`)∩
    僕も日々精進して楽しみながら頑張っていきたいと思います♪
    2016年04月03日 10:56